レビュー・カナルボート

こんにちは!発売から少し時間が経ってしまいましたが、今日はカナルボートのレビューをしたいと思います。

時間が空いたのには理由がありまして実はこのカナルボートを飾る為のジオラマを作っておりました。

こちらです!

じゃーん!!

それほど大きくはないですが、ボートが停泊できるような川と緑の景色をイメージしてみました。

ほぼこのカナルボートが目立つような背景にしたので、見栄えするポイントというのは少ないのですが合わせてご覧下さい。

それではカナルボートの商品レビューです。

カナルボート

発売日:2021/6/12

価格:¥9,878

※森のお家・公式オンラインショップ・シルバニアファミリーの関連施設での販売で一般のおもちゃ屋さんでは取り扱っていません。

ご覧の通り大変長いボートです。付属品を一式つけた船首から船尾の長さは約62cm。

付属品一式。ボートだけになかなか特殊なアイテムが多めです。合わせて見てみましょう。

カラフルな船体に花柄のモチーフが全体のイメージを引き立てます。こちらは全てシールです。

四角い窓は開閉できます。シルバニアのお家と同じ作りですね。

ピンクの花のハンギングバスケット。オシャレなアクセントです。

ボートの舵。ここは別パーツで取り付けます。ポールが2本ありここにハンギングバスケットを吊るす事も可能です。

船首に取付ける「旗」2本付属しています。

洗濯物はポールを上部に取り付けて干します。生活感溢れる小物ですね。洗濯バサミもいい味出しています。

こちらは「救命うきわ」

本来は船から落ちた時の為に投げて使用するものですが、投げたら危ないので引っ掛けてみました。

子供サイズの人形にちょうどハマるくらいです。

船内を掃除する「箒」や「バケツ」

小物のカラーは黄色の成形色で統一されていますね。

ボートライフには欠かせない釣竿。先端がしなっていてちょっと長めです。

こちらも長い紐のついた「いかり」

感じで書くと「錨」だそうです。勉強になりました。

折りたたみ式のクレーン。

黄色のつまみを巻くとクレーンを上げ下げする事ができます。

上部のカバーはこのように外せて・・

パタンっと畳んではめ込む事ができます。

平たくなりました。

船内の様子。お子様は遊ぶ時はこちらの方が楽しいでしょうか?

生活に必要な家具が多めですね。キッチンとオーブン。

船内中央はトイレに。

閉じられているドアを畳むと通路に変身。

吊りベッドはフックに掛けて設置します。

イスは開くようになっていて小物が収納可能。

船首の底も同様です。

タラップは船首部分にかけて、テーブルとして使用する事も。

ざっくり説明してきましたが、大体こんな感じになっております。

そして大変ご紹介が遅くなりましたが、今回撮影に協力してくれたシルバニアさんはこちら。

6/12 発売の「ビーバーファミリー」です。

シルバニア総選挙で2位に輝いたこちらのファミリー。同じく公式オンラインショップやシルバニア関連施設での販売となっています。

5人家族セットで4000円弱と最近のファミリーセットにしてはお買い求めやすい価格なのかな〜と思いました。

カナルボートが似合うので是非ご一緒にいかがでしょうか。

カナルボート
カラフルなボートの中にあそびがいっぱいの大きなカナルボートです。釣り竿、浮き輪、錨(いかり)などの小物でごっこ遊びが楽しめます。備え付けのオーブン、シャワー、トイレがついていて、テーブルは壁に倒して収納することができます。ベッドは上と下の2段でお人形(別売り)を寝かせることができます。 船首にはお花のバスケットを飾れ...
ビーバーファミリー
・2020年に実施されたシルバニアファミリー総選挙で第2位だったビーバーファミリーが登場です!・ビーバーのお父さん、ビーバーのお母さん、ビーバーの男の子、ビーバーの女の子、ビーバーの赤ちゃんの5にんセットです。まるいほっぺと大きな歯が特徴のかわいいお顔はそのままに、今回の復刻を記念した新しいお洋服で登場です!・人形の手...

久しぶりに製作をしましたが、やっぱり作っている時は楽しいなあと実感しますね。

ほぼこのカナルボートの為に作ったので他に使い道がないのですがまた改めて紹介できたらなと思います。

サイズが大きめで場所はとりますが大きいおもちゃは子供にも人気ですし、ワクワクがいっぱいでプレゼント等にも喜ばれるんじゃないかと思います。

シルバニアらしい「お家遊び」と船上での「外遊び」が一緒にできるのが他のアイテムにはない魅力のひとつです。ついつい水に浮かべたい気持ちになりますが、

商品説明の注意事項には

※本体は水などに浮かべて遊ぶ事はできません。思わぬ事故の危険がありますので、絶対に遊ばないでください。

とありますのでご注意ください。

なかなか気軽に旅行には行けない昨今ですが、カナルボートでちょっとした旅気分というのも良いですね。

敢えて目立つような場所にインテリアとして飾っても素敵かな?と思いますよ。

お読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました